Column Vol. 1口臭の原因

ほとんどの口臭の原因は、
バクテリアによるものです。

口臭の主な原因は、口のなかに棲みついたバクテリアです。その数は、よく歯みがきする人でも1000~2000億個、あまり歯みがきをしない人だと4000~6000億個、ほとんど歯みがきしない人に至っては1兆個に達するともいわれています。

バクテリアは、私たちの身体に病原菌が侵入するのをシャットアウトするなど、健康に生きる上で欠かせない役割を担っています。一方で、その活動の副産物として発生するのが「揮発性硫化化合物」というガスです。

このガスは、野菜の腐ったようなニオイのする「メチルメルカプタン」、卵の腐ったようなニオイのする「硫化水素」、生ゴミのようなニオイのする「ジメチルサルファイド」などから構成されています。これらが混じり合って生まれるニオイが口臭の正体です。

事実、口臭に悩む人の口内には、そうでない人の口内に比べて多くのバクテリアが存在します。つまり口内のバクテリアの数をいかに抑えるかが、口臭対策の最大のポイントとなるわけです。

お口のニオイは、
唾液の量で決まります。

私たちの口のなかには、バクテリアの繁殖を抑える強い味方が存在します。それが「唾液」です。

口臭を生むバクテリアの多くは、酸素が少ない環境を好み、酸素が多い環境だと増えることができません。ニオイの大敵とも言える酸素を、口のなかに供給するのが唾液です。特に分泌されたばかりのサラサラとした唾液には、たくさんの酸素が含まれています。

口のなかが乾いていたり、ベタベタしているときは要注意です。口内に十分な酸素が行き渡らず、バクテリアが増殖しやすくなっています。では、どうすれば唾液の量は増えるのでしょうか。

最も大切なのは、リラックスすることです。逆にストレスを感じると唾液の量は減ります。ちなみに「酸素を送り込もう」と、空気を吸い込むのは逆効果です。口を通過する空気からは酸素が供給されない上に、口の中を乾燥させ、口臭を悪化させてしまいます。

関連商品はこちら

ブレスコントロールガム ウメ味
『ガム療法』をご存知ですか?
硬めのガムをよく噛んで唾液の分泌を促す方法は、クリニックでも採用されています。口臭予防トレーニングガム!ウメ味・126g

起床時、空腹時、緊張時には
気をつけましょう。

バクテリアが原因の口臭を「生理的口臭」といいます。生理的口臭は、バクテリアを増殖させる要因に応じて、いくつかの種類に分類できます。

まず代表的なものが、睡眠中に口内にバクテリアが増殖することで引き起こされる「起床時口臭」です。ほかにも唾液の分泌量が低下することに伴う口臭に、「空腹時口臭」「緊張時口臭」「口呼吸に伴う口臭」があります。

「加齢」も口臭の要因のひとつ。口内の唾液量が25歳頃をピークに減少するためです。さらに老齢化が進むと、ニオイを伴う菌の比率は増します。女性の場合は、生理中や妊娠時に口臭が増すことも。ホルモンバランスが変化し、一部のバクテリアが増殖するためです。

関連商品はこちら

プロフレッシュ オーラルリンス
即効性と持続力!頑固な口臭対策用マウスウォッシュ。プロフレッシュの基本成分のClO2が口臭の原因の口腔内の汚れ等に直接的な働きかけをして、長時間の口臭予防を実現します。

バクテリア以外にも、
ニオイの原因はあります。

虫歯や歯周病といった口内の病気や、鼻、喉、呼吸器、消化器などの病気も口臭の原因のひとつです。これら特定の疾患が引き起こす口臭を「病的口臭」といいます。病的口臭を解決するには、原因疾患の治療が欠かせません。

ネギやニラなどニオイの強い食べもののせいで口臭が増した経験は誰しもあるはずです。これを「外的要因の口臭」といいます。外的要因の口臭は、あくまで一時的なもののため、心配はいりません。

生理的口臭、病的口臭、外的要因の口臭。口臭には大きくわけて3つがありますが、なかでも厄介なのは生理的口臭です。病的口臭、外的要因の口臭とは違って「こうすれば治る」という明確な処方箋がないからです。とは言え、口臭が生まれるメカニズムを理解していれば、ニオイを抑えることは決して難しくはありません。Vol. 2では、口のなかのバクテリアを予防するための生活習慣を紹介します。

関連商品はこちら

ソーソーロ オーラルリンス
口臭が気になる時やお口をさっぱりしたい時に使います。口腔内の浄化・清浄に有効な洗口液です。虫歯予防効果の「キシリトール」も配合。ソーソーロは茶葉抽出液のカテキン等の作用により、口腔内の汚れ等が時として”かたまり”となって、現れます。(使用後の凝固物の現れ方には個人差があります。)

その他のコラムを見る

Brands 取り扱いブランド